陣痛がきてもなかなか出産とはならない

わたくしには現時点2歳って近々1歳になる幼児がいる。今回のお産声明は、下の子のときのことです。
わたくしはどうも安産風習のようで、奥さんも姉もそうでしたので、遺伝系統に今回のお産もOKってたかをくくっていました。
と言いますのも、最初のお産のときも、陣痛が来たな!と思い、アラームで10パイ間になるまでちゃんと間を導き出し、メモリーしたりして残りな風情があり、病舎に着き陣痛室も、子宮口が大層開いてきて、陣痛の間が随分短くなってきたので、出産室へ赴き、合計で2間程度のお産でナース氏からもいよいよなのにスムーズなお産でしたね、といわれる前後だったのです。
妊娠中に必要な成分だそうです。
ですので、下の子のときは早朝に陣痛がきたのですが、早朝料金がかかったら少し高くなるから、惜しくも遅く行こうなどと、ある意味むちゃくちゃくさい理由で病舎へ出向く案件を遅らせていました。
病舎へたどり着くといったなぜか陣痛が遠ざかってしまい、ただし子宮口はそこそこ開いてきているので、僅か院内を歩いて下さい、と医師から言われました。
そうして病室に案内されました。陣痛が遠ざかってしまったので、まだまだ大丈夫そうだし、ちょこっとベットで側になりました。一緒についくてきくれた旦那に、真昼ご飯も近くで買ってきたら?と言って、旦那が病室から出て行った5パイ先くらいに、いきなり破水してしまったのです!そこからの陣痛はとうに産まれみたい!という程に痛くて、とりあえず、手元にあった携帯電話で旦那「破水した!直ぐ戻って」というインフォメーションは出来たものの、そういったときに限ってナースコールが僅か上のあたりにあって届かなかったのです。
結構陣痛の間が短くナースコールを並べるのが面倒でした。一気に出産室に行き、30パイ以内でお産となりました。
波自力になるのは恐いですね。自力になり時折ナースコールにパーツは絶対に手元にあるようにしておくべきだと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です