お腹が張ってウテメリンの服用、予定日まで辛かった

長男のお産の時の問題だ。当時19年代の我々は何も無知でした。おめでたインサイドも不能ばっかりして、買い出しや見物の日毎!近年となればありえないアクティビティーばっかりでしたね(-。-;
そんなことばかりのやりくりのせいか…
6カ月位から、おなかの張りが続きました。 健診の時に、子宮頚管が早くなってることがわかり、即入院。
そうしてウテメリンの毎日がはじまりました。 療養は、予定日まで!長かっただ。。
泣いたり苛苛したりの日毎でした。 入浴も禁断の無理強い落ち着きでしたから。そんなふうになってしまい、悔いといった懺悔の療養でした。
日時がたち、遂に退院☆
ヤッター? 退院は、予定日のきのうでした。 舞い戻ることに、まだまだ不安もありましたが、ひどく、ものすごーく!嬉しかったのを覚えています(^^)
帰宅した日の晩…
軽々しい苦痛で眼を覚まし、便所に行くって おサイン!?
すぐにクリニックに電話をしました。そうしてまたクリニックへ。
初めてお産!決断を入れて向かいました。まだ子宮口は2センチくらいしか開いて無く、帰宅しても良いとのことでしたが、初めてのお産だし不安もあったので、帰りませんでした。陣痛も微妙でなかなか進みませんでした。我々は室内をずっとウロウロしていました。いつしか夜になり、いよいよ陣痛が本格的になりLDR室に入りました。なんとも言えない苦痛!!!あとはとことん覚えていませんが、出産卓に乗ずるのが辛かっただ。
最も苦しかっただ。 そうして初めて、3190グラムの男児幕開け☆
但し…喜んでいる倦怠もなく、産後1間隔以下あたりに、子宮という腰に激痛!一気に大量出血。だんだんと気配りが遠のいて行くのがわかりました。死ぬのかな…それほどおもいました。寝ちゃNo!眼を開けなさい!教員の声がきこえる…心臓マッサージ!!そこまで聞こえ、後はわかりません。
我々が眼を覚ましたのは4日以下でした。 貴重なチャレンジ!
実にお産て、必死だ。
忙しくてスキンケアしている時間がない人のための化粧品はこちら!http://www.mamashigyo.jp/
あれから今は4人のマミーだ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です