夜間は助産師さんも1人なのでナースコールを躊躇いました

分娩で大変だった先。それは無論陣痛だ。
多くの妊婦くんが恐怖に脅えると思いますが、私も勿論その単独でした。
分娩前日に腹部の赤子に「もう出てきて~。おかあさんも関わるよ」といった声をかけて眠りについた1歳月その後、チクチクという腹部の疼痛で目覚めました。
厳しいけれど耐えられない訳ではなく、それでも就寝にはつけない。念のために隔たりを見極めるといった5当たり側。
1周りの分娩も早かった結果医院に連絡して、分娩対処につき出産室でスタンバイしたした。
上の乳幼児がまだ小さく、自宅、義自宅とも遠方で継母に来てもらう予定の前日の項目でした。
予め頭によぎったのは、上の乳幼児をどうするかだ。
出産室には小学校以上の乳幼児じゃないと入れないので、幼児と旦那には分娩が締め括るまで、控え室で待ってもらいました。
陣痛はあるものの持ち堪えれる疼痛が続いていましたが、周りには助産師くんしかおらず、しかも夜間の結果1奴になる事が数多く、何かあったらナースお呼びをと言われていたのですが、水を取ってほしいや、腰をさすってほしいとは言えず、ちょっぴり不安でした。
本陣通がきてからは丸ごと腰の疼痛が強くなり、助産師くんがさすってもらえるも、夜間のせいか助産師くん1人だけの反応だった結果、赤子がありてきてからはそれは面倒でした。出産の介助をしていただく以外にいよいよ1奴腰をさすってもらえるほうがいれば。又は旦那も付いてもらえれば、お願いできたのに、と思います。
産後、些か抱っこさせてもらってから、旦那という上の乳幼児の所に抱っこしに赤子だけ連れて行ってもらいました。
1奴腰視線、両人視線の陣痛の種類がちがった項目。空想と違った疼痛を1奴で耐えなければいけないのが頂点面倒でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です